中国・長春の新米日本語教師奮闘記


by naomi_website2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
おひさしぶりです。
ひさしぶりって、約1ヶ月ぶりじゃないでしょうか。
ふと下を見ると、帰国当日深夜に書いた日記が・・・。

いやあ、帰国してましたよ。
帰国して以来、ばったばたの毎日でした。

さてさて、突然ですが、このブログ、一区切りつけようかなと思います。

といっても、“北京親子3人珍道中”のアップはいつかしたいなあと思っているので、
「気がついたら更新!?」なんてことになってるかもしれませんが。

とりあえず、中国生活にピリオドを打ったということで、このブログも打ち切りです。


長い間、ご愛読、ありがとうございました!



“naomi de shenghuo 2”でお会いしましょう!
(続けますよ、ええ!!)
[PR]
# by naomi_website2004 | 2007-08-07 18:52 | ひとこと

いよいよ本帰国。

日付も変わり、いよいよ今日、本帰国です。

長かったようで短かった3年間。
短かったようで長かった3年間。

24歳から27歳までの青春を捧げました。

失敗も後悔も山ほど経験しました。

この3年間は、わたしのこれからの人生の糧となってくれるはず。

今夜は3年間、わたしの周りのすべての人に感謝しながら、寝ることにします。


・・・ね、ねむい。
[PR]
# by naomi_website2004 | 2007-07-13 00:12 | ひとこと

史上初9日連続。。。

おひさしぶりです。
ここのところ、送別会&食事会続きですが、なんとか生きています。

【これまでの記録】
 6月28日 1年3組主催送別会兼食事会
 6月29日 1年2組主催送別会兼食事会
 6月30日 4年生有志主催送別会(昼)
        日本人教師いつものメンバーとの最後の食事会(夜)
 7月01日 1年1組主催送別会兼食事会
 7月02日 1年生有志主催送別会(昼)
        3年2組主催送別会兼食事会(夜)
 7月03日 留学生Fさん主催送別会

【これからの予定】
 7月04日 日本語科主催送別会
 7月05日 3年1組主催送別会兼食事会(昼)
        2年2組主催食事会(夜)
 7月06日 U先生・R先生主催両親歓迎会

8日から11日までは両親と北京に行くので、直前まで宴会続きってことになりそう。

わたし的送別会干杯対策。
(1)飲み会前にヨーグルト&胃薬で胃を守る。
(ヨーグルトは、「激烈な」飲み方をする山東省の宴会前に出されていて、効くような気がする。)
(2)わたしが飲めることをまだ知らない1年生の飲み会では、「飲めないふり」をする。
(3)飲み会中はできるだけ飲まない方法をいくつか用意する。

9日連続は体力勝負!
今のところ、大事には至っておりません。
このまま最後まで乗り切れるか!?

成績処理&引越しと同時進行はかなり厳しい~~~。
でも、うれしい悲鳴です、これは。

感谢大家!!
[PR]
# by naomi_website2004 | 2007-07-03 23:29 | 食べ物とお酒

帰国前覚書③

【好きなお酒】
ウォルマートのワイン(19元)
ウォルマートのシャンパン(38元)
卓展地下スーパーのピンクシャンパン(98元)
白波
松竹梅(好きじゃないけど、贅沢言えないから手に入るだけでもよしとしよう)
雪花啤酒
金士百啤酒
北京啤酒
青岛啤酒

【好きな食べ物】
糖葫芦
麻辣烫
水煮鱼
拔丝地瓜
春饼
山东煎饼
辣白菜拉面
手擀面
火锅
烤地瓜
石锅拌饭
牛肉清汤
烤五花肉
ウォルマートのレバー
ウォルマートのチキンナゲット
恒客隆の青豆豆腐
[PR]
# by naomi_website2004 | 2007-07-03 22:35 | 食べ物とお酒

つ・・・つかれた・・・

月曜日・火曜日と、会話の面接試験&筆記試験。

面接試験は64人ぶっつづけでやるわけにもいかず、2日に分けて実施。
(面接官一人だし、ぶっつづけは40人が限界・・・)

筆記試験は最高気温35度を記録する猛暑の中、
64人と試験官3人が狭い教室にひしめき合い、汗をだらだら流しながら実施。

そして今日、録画した試験をもう一度ぶっ通しで見ながら、面接試験の採点。
そして、成績付け。
朝10時から夜9時まで、途中、ご飯もろくに食べずに、

なんとか、

なんとか、

なんとか終えましたっ!

やった~~~っ!

えらいっ!

わたし、えらいっ!


(ダレモホメテクレナイカラサ・・・)

明日、書類書いて提出する・・・。
つ・・・つかれた・・・。
[PR]
# by naomi_website2004 | 2007-06-27 22:47 | 仕事のお話

帰国前覚書②

★3年間で行った場所
04年10月 北京

05年05月 吉林市
05年07月 上海

06年05月 ハルピン
06年06月 煙台
06年07月 查干湖・松原市
06年07月 大連
06年12月 延吉

07年05月 瀋陽
07年07月 北京(予定)

結局、西の方には行けなかったな。


★長春で行った観光地
偽皇宮
地質宮
偽満州国旧址
浄月譚
南湖公園
児童公園
牡丹園

・・・こんなもんかな?
[PR]
# by naomi_website2004 | 2007-06-24 21:31 | 中国国内旅行記

帰国前覚書①

★担当した科目・学生数
【04-05年度第1学期】
 3年生会話:15名
 4年生作文:1組23名、2組23名
 4年生新聞講読:43名
【04-05年度第2学期】
 1年生会話:1組21名、2組21名
【05-06年度第1学期】
 2年生会話:1組22名、2組21名
 3年生作文:1組17名、2組20名
【05-06年度第2学期】
 2年生会話:1組22名、2組21名
 3年生作文:1組17名、2組20名
【06-07年度第1学期】
 3年生会話:1組20名、2組19名
 4年生作文:1組20名、2組21名
 4年生新聞講読:42名
【06-07年度第2学期】
 1年生会話:1組22名、2組23名、3組21名
 研究生論文分析と写作:23名
(延べ517名)

★卒業論文指導
【04-05年度】
 「日本茶道と中国茶道 日本の裏千家と中国の工夫茶を中心に」(優秀)
 「仮名手本忠臣蔵の登場人物から見る江戸時代の女性像」(中等)
 「日本人のサラリーマンの仕事に対する態度」(合格)
【05-06年度】
 「日本における高齢者の雇用対策-高齢者支援機構のインタビュー調査を中心に」(優秀)
 「中日東北地方の白菜の古漬けを使った料理の比較研究-中国の瀋陽と気仙沼を中心に」
 (合格)
【06-07年度】
 「中日の大学生の挨拶行動の比較」(優秀)
 「家庭経済と市場経済から見た戦後の着物の変化」
 「中国の中秋節と日本の月見の比較」
 「中日の箸食文化の比較」
[PR]
# by naomi_website2004 | 2007-06-23 20:05 | 仕事のお話

ひとつひとつ・・・

仕事が終わっていきます。

水曜日は卒業論文の口頭試問。
なんとか無事、全員合格のはこびとなりました。
な、長かった・・・。
今年は3年間で初めて、受け持った学生が全員、まじめに取り組んだので、
それぞれの努力に応じた、それなりの評価を取ってもらいたかったのですが、
まあ、なんとかなりました。
ほっと一安心。

木曜日と金曜日は、会話の最後の授業。
最後に、
“わたしはずっとみなさんの先生です。みなさんはずっとわたしの学生です。”
と言うと、
“はいっ!”
と元気に答えてくれました。
くうぅ~っ、うれしいぃ~っ!

来週月・火の会話試験、木曜日の研究生の最終授業を残すのみ。
土壇場に来て、感慨に浸り始めています。
やばいやばい。
[PR]
# by naomi_website2004 | 2007-06-22 21:49 | 仕事のお話

最後の発表

昨日今日と、会話は、ロールプレイの最後の発表でした。
テーマは「有名人にインタビュー!あなたの理想の結婚は?」
ちなみに、「~てあげる/~てくれる/~てもらう」の練習です。

がんばり屋さんぞろいで実力もあり、発表も最初から工夫を凝らしていた1組。
今回は超力作ではあったのですが、若干、気合が空回りした感あり。
でも、このクラスはわたしの求めるものをいち早く感じ取って、
毎回、いいものを見せてくれました。
他のクラスがうまくいっていなかった時期も、このクラスに救われました。

労働節後に、めきめき調子の上がってきた2組。
今回も力作がそろいました。
どこで覚えてきたのか、自然な日本語の表現をちりばめてくれました。
何と言っても、発表を見ているクラスメートの態度がいい感じ。
成長度では、3クラス中、1番です。

クラスメートの前で日本語で話すことに対する羞恥心をなかなか捨てられず、
一番心配だった3組。
最後の最後で、がんばってくれました。
彼らにとっての最上級のがんばりを見せてくれ、それを褒めると、
うれしそうに照れ笑いしてました。
思えば、このクラス、あんまり褒めてなかったなあ。反省。

どうやら自己モニター力がついてきたようで、
簡単な文法ミスやアクセントの間違いが格段に減ってきました。
他者モニター力もしかり。
最初は自分の発表でいっぱいいっぱいだったのが、
他の発表のいいところと足りないところを見つけられるようになりました。

わたしができることはここまで。
でも、安心して次の先生にバトンタッチできる・・・かな?
[PR]
# by naomi_website2004 | 2007-06-19 23:26 | 仕事のお話

わたしの周りの人々③

といっても、①の続き。
外事処Tさん。

今日、帰りのバスでひっさしぶりに会ったので(いつ仕事してんだか、こいつは)、
以前、わたしの部屋を物色し、トースターと引き換えに、
両親が来たときの部屋代をただにしてくれると言っていたのを思い出し、
両親が来る具体的な日程を告げた。

そしたらなんと!
“今忙しいから、また今度。”
とさ。
むっかつく!!

でも、途中で気が変わったらしく、宿舎に着いたとたん、
“あんたの部屋行って話そう。”

そして土足で部屋に上がりこみ、
“部屋代だけど、高いのよ。割引はできるけどただにはできない。”
“夏は、外国から客員教授とかいっぱい来るから、部屋代高いのよ。”
とか、いろいろ屁理屈をこねてきた。

はいはい、結局ただにはしないってことね。
てか、ただにするってあなたから言ったんですけど?
別にこっちから頼んだわけじゃないんですけど?
しかも、割引もたかだか20元くらい。
きいぃぃぃ~っ、お・ま・え・はぁ~っ!

“ほんで、宿舎の服務員にはあなたが言ってくれるの?それともわたしが自分で言うの?”
と聞くと、
“どっちでもいいよ。”
ときたもんだ。

どっちでもいいんかいっ!
じゃあ、お前がいる意味ないじゃんっ!

“じゃあ、あなたが言って。”
というと、
“いいよ。そのかわり・・・”

は?そのかわり?
てか、あなた、なんにもしてくれてないんですけど?

“ねえ、資生堂って知ってる?”

きたきた。

“知らない。”
“えっ、知らないの?”
“知らない。”
“辞書ないの?”
“ない。もう日本に送った。”
“日本ですごく有名な薬の会社。薬。わかる?”
“薬はわかるけど、資生堂は知らない。”
“ほんとに?”
“ほんとに。しかも、わたしもう、長春戻ってこないし。”
“でも、両親来るんでしょ。”

・・・おいおい、両親に買って持ってこさせる気かよ。

“わたしが知らないんだから、両親も絶対知らない。”
“ええ~。”
“知らない。”
“あ、そう・・・。”

ほんとむかついたから、“知らない”で押し切った。
何の恩恵も受けてないのに、これ以上、利用されてたまるか!
そしたら、去り際に、

“じゃ、宿舎の服務員には自分で言って。”
だと!

なんだ、お前はっ!
何様だっ!

・・・いいよ、もう。
自分で言う方が楽だよ。

・・・つかれるなあ。
でも若干、“勝った感”あり♪
むふ。
トースターもあげない。
ぜったいあげるもんかっ!
[PR]
# by naomi_website2004 | 2007-06-18 17:20 | 日々の生活

麺!めん!メン!

どうでもいいことですが、わたし、麺好きなのです。
ごはんよりも麺が好きです。

c0022938_18523995.jpg


06/05
インスタントラーメン“辣白菜”。
H先生直伝で、味噌を入れて、辛みそラーメンのようにして食べる。
最近、妙にはまっていて、週に2回は食べている。


c0022938_1984840.jpg


06/06
ぺペロンチーノ。
アンチョビ入れるのがミソ。
アンチョビの匂い、いや、臭いが好き。
にんにくも唐辛子もたっぷり入れて♪


c0022938_22452113.jpg


06/10
冷やし中華風冷麦。
お手製ゴマダレ。でも、お酢入れたらもっとさっぱり食べられたかな。
んでも、うまかった。


c0022938_22114969.jpg


06/12
ナポリタン。
ドラマ“マンハッタンラブストーリー”を見てたら、むしょうに食べたくなった。
具があんまりなくって、ソーセージとキャベツとグリーンピース。
でも、なつかしい味~♪


ちなみに、全部ビールでいただきました♪
これからは、冷製パスタ、冷やしそうめん、ざるそば、ざるうどん・・・
あうぅ~、んまそう・・・。
[PR]
# by naomi_website2004 | 2007-06-17 11:27 | 食べ物とお酒
日差しが突き刺さるように痛い。
今年は、冬も、春も、夏も、なんだか変。

残すところ、ここでのお仕事もあと2週間(+成績処理で1週間)。
帰国間際になったら、忙しくてそんな時間がない気がするので、
ちょいと早めだけど、今学期の反省をば。


【1年生会話】
初めての3クラス。
まあ、見事にクラスのカラーがバラバラ。
おもしろくもあり、大変でもあった。

会話の授業は、わたしが去ったあとも3年生前期まで続くわけだけど、
やっぱり最初の半年間で、
学生の「会話」や、「会話の授業」に対する取り組みは決まってしまうと思う。

まず、「会話」とは、話すこと。

しかし、1年生が日本人と話す機会はとても少ない。
せいぜい、わたしぐらいだ。
だから、クラスメートと日本語で話すこと、
まずは、このことに意義を見出してもらわなくてはならなかった。
なぜなら、彼らは中国語を使えば、難なく意思疎通ができるからだ。
そこをあえて、日本語で話すようにしなければならない。

“言葉は使わなければ身につかない”
これは、学生自身もわかっている。

でも、“日本人と話す機会がない”という。

“それなら、クラスメートを相手に、日本語を使う機会を増やせばよいではないか。”
“最初は間違いがあってもいい。使おうとすることが、使う時間を増やすことが大事なのだ。”

このことを繰り返し言ってきて、
授業中、授業外に、日本語を使う時間を与えようと努力してきたつもりだ。
でも、果たしてわたしは授業中に、本当に「使う時間」を十分に与えられただろうか?
そしてそれは、彼らの満足のいく「使う時間」になっただろうか?

次に、「会話の授業」で何より大切なのは、
クラスメートの前で日本語を話すことに対する羞恥心を取り除くことだ・・・と思う。

会話の授業は、わたしが去ったあとも、ロールプレイ、討論会、調査発表と、
常にクラスメートの前で自分の日本語をさらけ出していかなければならない。
クラスメートの前で日本語を話すことを“恥ずかしい”と思ってしまっては、
会話の授業の効果は期待できない。

この半年間、学生の羞恥心を取り除くこと、
会話の授業の大前提である「話しやすい雰囲気作り」をすることに
心を配ってきたつもりだ。

来期からの会話の先生がやりやすいように、
そして何より、学生たちが会話の授業の効果の恩恵を受けられるように、
と思ってやってきたけれど、
成功した(と思う)クラスあり、まだまだ十分に出来なかった(と思う)クラスあり。

この答えは、来期以降に出る。
さあ、いったいどうなるか・・・。

会話は来週、最後の授業、そして再来週、試験。
面接試験、64人切りっ!


【論文分析と写作】
修士1年生。
初めて持つ授業。

論文分析と写作と、週1回90分でやるのは、限界がある。
そこで、写作は復習にとどめ、論文分析を中心にすることにした。

こちらではゼミ形式の授業はほとんどないから、
論文を書くときは、学生は指導教官に一対一で指導を仰ぐことになる。
もちろん、先行研究だって、一人で読んでいくわけだ。
でも、一人で外国語の論文を読むのって、そんなに簡単なことじゃないと思う。
それに、一人で論文を読むのと、他の人と一緒に論文を読むのとでは、
理解度も分析の深さも違ってくるんじゃないだろうか。

というわけで、うまくいくか心配だったけど、
まず、導入で、論文分析のポイントを紹介しながら何回か練習して、
次に、グループで自分の研究分野の論文を1つ選び、分析と発表を課した。
もちろん、発表担当者以外にも、論文を読んできてもらうことにした。

ただ、心配な点はまだあって、
大学院生の専門が、日本文学、日本文化、日本語学の3分野にまたがること。
専門外の論文を読むことが、果たして彼らの役に立つのか。

でも、まったく違う分野の論文でも、いい論文はいいし、だめな論文はだめだ。
それを判断できる目を養いたかった。
それに、違うスタイルの論文を読むことで、
自分の分野の論文の特徴がより明確に見えてくるかもしれない。

論文を客観的に評価できる目を養って、自分の分野の論文の特徴をつかめば、
それは結局、写作にも反映されてくるのではないか。

何回か論文分析の発表を行ったけど、発表担当者の分析力は高かった。
問題点と評価できる点を探し出そうという姿勢で論文を読むことがよかったのだと思う。

それに、なんと今週は、
「他の授業で自分が書いたレポートを分析してみたい」というつわものが現れた。
今までの論文分析の視点を通して、自分のレポートのどの点がよく、どの点が足りないのかを、
客観的に分析してみたいという。
もちろんOKして、やってもらった。
その分析の結果は、発表者だけでなく、他の学生にも勉強になるものだったし、
論文分析と写作がやっとつながったようで、わたしもうれしかった。

一方、発表者以外の学生には、
発表者の分析への評価や、論文に対する評価を発言してもらっていた。
最初に比べ、積極的に発言しようとする学生が増えては来たものの、
やはり、授業前にしっかり論文を読んで授業に臨んだ学生と、
そうでない学生との差が出てしまった。

“大学院生の授業なのだから・・・”と言ってしまえばそれまでだけど、
でも、やっぱり全体を引き込んでいける力がわたしに足りなかった。

“考えることは苦しいこともあるけど、楽しいことなんだ”
と感じてもらいたいと思ってやってきたけれど、
(だって、考えることが嫌いだったら、修論なんて、書けっこないもの)
果たして何人がそう実感してくれただろうか。

いい修論を書いてほしいな。

試験はなしで、最終レポート。
こちらが指定した各自の分野の論文分析をしてもらう。
ってことは、評価するためにわたしも論文分析しなきゃならないわけで。
・・・きっついなあ。


半年間でやれることは限られているけど、
やっぱり足りないところがまだまだまだまだいっぱいある。
でもそれは、「やりたいことがいっぱいある」とイコールだと思う。

これからも、授業して反省して、を繰り返していきたい。
この仕事、好きだから。

そうなれるように、就職活動をがんばらねばね・・・。
[PR]
# by naomi_website2004 | 2007-06-16 17:19 | 仕事のお話

おひさしぶりです。

あいかわらずのネットが調子悪いです。
ま、あともう少しの辛抱。
・・・にしても、いらいらするったらっ!

こちらは連日、30℃を超え、うだるような毎日。
湿気はないので、日本よりはましですが、日差しが痛いっ!
虫眼鏡を当てられてるみたいに、じりじり突き刺さってきます。

残すところあと数週間なわけですが、
いろいろ考えたり、やったりしなきゃいけないことがあって、感慨に浸る暇がありません。

さて、今日は1限から6限までの授業を終え、
(今日はあんまりうまくいかなかったなあ。学生も暑さでやられてて、ぐったりしてた。)
A先生とネイルアートをしに桂林路へ。

今日は足もきれいにしてもらいました♪
(日本じゃ高くてできない・・・)
A先生、足の甘皮と一緒に普通の皮もむかれて災難でした。

全部終わった後、
ネイルの店のおねえちゃんたちが食べてて、勧められた出来立ての“粽子”
(もうすぐ旧暦の端午の節句。あちこちで出回ってます。)を1個5角で購入。
ちゃんと食べたの、初めてかも。
おいしかったけど、“ま、1回でいいかな”ってお味。
こっちのは肉粽より、棗とかが入った甘い粽が多いのです。
ご飯が甘いって、あんまり好きじゃない・・・。

そのあと、丁香(パン屋)で食パンとタルトを購入。
その足でベアードパパで“ソフトクリームエスプレッソがけ”を食べる。
長春でもこんなものが食べられるようになったのね・・・。

そして、A先生もわたしも大好きな靴屋、“DAPHNE”へ。
なんと、半額セールではないですかっ!
前から目をつけてたけど、若干大きめで、買うのを渋っていたサンダルを発見!
半額だったら、多少大きくても悔いなしってことで購入。
わたし、足ちっちゃくて22.5なのです。
サンダルはちょっと小さ目がいいんだけど、合う靴がなかなか見つからない・・・。

店を出て、帰りかけると、再びかわいいサンダル発見!
聞いてみると、これも半額だというではないですかっ!
・・・買っちゃった。
帰国間際なのに・・・帰国間際なのに・・・荷物増やしてどうするっ!
でもね、でもね、お気に入りの靴が2000円くらいで売ってたら買うでしょ、絶対?

というわけで、ちょっとだけのつもりが桂林路マジックにはまり、散財するはめに。
ま、いっかぁ。
[PR]
# by naomi_website2004 | 2007-06-14 19:06 | 日々の生活

ネットがぁ・・・

なかなかつながらない。
つながってもすぐ切れる。

メールがなかなか開けない。
メールを書いて送ろうとしたら切れる。

ブログが開けない。
書きたいこといっぱいあるのに書けない。

mixiが見られない。
みんなの日記が読めない。

他のブログも見られるものと見られないものがある。
見られても書き込もうとするとすぐ切れる。


きいいいぃぃぃぃぃ~っ!
接続が5分強って、なんだよ、おいっ!


あ、帰国の日程が決まりました。
7月13日です。
温かく迎えてやってください。
[PR]
# by naomi_website2004 | 2007-06-05 20:34

チャイナドレス&スーツ

出来上がりました!
5月5日に注文して以来、いまかいまかと待っていたチャイナドレス&スーツ!
本日、取りに行ってまいりました。

c0022938_0112614.jpgc0022938_0131545.jpg

まずはオーソドックスなひざ丈チャイナ。
ピンクはノースリーブ、グリーンは半そで。色違いです。

c0022938_0153260.jpgc0022938_0175770.jpg

お次はシャツタイプ。
黒は半そで、青はノースリーブ。
パンツやスカートに合わせて。授業もだいじょぶかな?

c0022938_0191553.jpg

最後はチュニック丈。
こういうのが欲しかったのだ!
ジーンズに合わせてかごバッグで。どうかな?
今日はこれを試着後、そのまま着て帰った。
中国人からも評判よかったよ♪

c0022938_0213338.jpgc0022938_0231934.jpg

夏用スーツはグレー。
ジャケット、スカート、パンツの3点セット。
就職活動もしなきゃだしね。

大満足の出来♪
[PR]
# by naomi_website2004 | 2007-06-02 23:36 | 休日♪♪♪

あと1ヶ月!

今日から6月です。
長春の今年の春は、珍しく雨がよく降ります。

さて、授業と試験が6月で全部終われそうです。

1年生の「会話」の最後の授業が22日、試験が25、26日。
今年は3クラスなんで、別々にやることにしました。

大学院生の「論文分析と写作」は試験をしなくていいので、レポート提出。
提出は最終授業と同じ、28日。

それが終われば、あとは成績処理。
1週間あれば、何とか終わる・・・でしょう。

いよいよ残すところあと1ヶ月です。
3年間の集大成。
悔いの残らないように、とにかくやれることを精一杯やります!

がんばるぞぉ~!
[PR]
# by naomi_website2004 | 2007-06-01 19:25 | 仕事のお話

お弁当

木曜日は8時から3時まで授業なので、お昼を食べに出る時間があまりない。
・・・ので、お弁当を持っていっている。
c0022938_21281061.jpg

c0022938_21323028.jpg

c0022938_2135226.jpg


ただ、朝お弁当を作るのはちょとしんどい。
なぜかというと、朝ごはんをちゃんと食べる習慣がないので、
朝、たまごを焼いたりしていると、気分が悪くなるのだ。
うーむ。
将来、子どものお弁当とか、作れないかもしれない・・・。

でも、お弁当はけっこうおいしい。
一人で、“おいしーい♪”と言いながら食べている。

これから暑くなるし、もうお弁当持ってかないほうがいいかなぁ。
[PR]
# by naomi_website2004 | 2007-05-31 21:46 | 食べ物とお酒

つくづく・・・

わたしは、小さいことを気にするやつだと思う。

ネットの調子が悪いことをぐじぐじ思い悩んだり、
(思い悩んだって、どうしようもないのにさ。)

郵便が届いたかどうかが気にかかって悶々としたり、
(届いてなかったらなかったで、諦めちゃえ!)

試験の日程調整を主任にお願いするのをなかなか言い出せなかったり、
(主任の仕事なんだから、堂々と言えばいいのさ。)

余裕あるはずなのに、あれこれ銭勘定してみたり、
(余裕・・・あるかな。あるよな。)

ぱっぱっと割り切って次に行けないのだよね~。
よくこんなんで、海外で1人で暮らしてこれたよなあ。


どうでもいいけど、『功名が辻』、仲間由紀恵のアクセントが気になってしょうがない。
きいぃぃ~っ!
[PR]
# by naomi_website2004 | 2007-05-30 20:41 | ひとこと

わしゃっと。

朝の散歩。
といっても、もう9時を過ぎてたので、あんまり“朝!”って感じはしなかったのだけども。

そろそろ牡丹が満開かなぁと、牡丹園をぶらり。
あいかわらずこの季節は人が“わしゃっと”群れている。
c0022938_982949.jpg

白いのや・・・
c0022938_9143847.jpg

赤いのが・・・
c0022938_9173414.jpg

これまた“わしゃっと”咲いている。


さて、牡丹園を出て、てくてく歩いていると、こんなものを発見。
c0022938_9204626.jpg

じーさまばーさまたちが、同じ色の派手な服を着て、
バブリーな扇子を振りながら列を成して、“わしゃわしゃっと”踊っている。
鳴り物も太鼓や笛やラッパと非常にうるさい。
長春では朝夕、公園やデパートの前の広場などでよく見られる光景なんだけど、
今までシャッターチャンスを逃し続けてきた。
これは二度とないチャーンス!
ばっちりカメラに収めました。

朝の散歩に満足満足。
[PR]
# by naomi_website2004 | 2007-05-26 11:22 | 休日♪♪♪

わたしの周りの人々②

今日は中国語のS老师。

わたしが長春に来て2、3ヶ月経ったころだったろうか。
同僚のK先生が紹介してくれたのが、
当時、文学院の大学院1年生で同い年の中国語教師を目指すS老师だった。

最初、彼女が何を言っているかまったくわからなかった。
本当に、本当に“听不懂”だったのだ。

彼女も教え始めたばかりで、何もわからないわたしに文法用語を連発し、
わたしはいつも顔に“???”を浮かべていた。
お互いに緊張する日々が続いた。

でも、彼女はたくさんほめてくれた。
たいしたことじゃないのにって思いながらも、わたしはやっぱりうれしかった。
彼女が手をたたきながら、“非常好!”“特别好!”と言ってくれた姿を、
わたしは今でもはっきりと思い出すことができる。
言語教育において、ほめることは学習者のモチベーションにやっぱり大きく影響するんだ
ということを、わたしは彼女のおかげで身をもって学ぶことができた。

彼女はわたしたち以外にも留学生に中国語を教えていて、
教え方がどんどんうまくなっていった。
最初は文法用語しか使わなかったのが、
例文が出てくるようになり、
その例文もどんどん豊富に、わかりやすくなっていった。

わたしが長春に来て3年目。
彼女も人生の転機を迎えていた。
修論を書き上げ、就職しなければならない。
彼女の希望は中国国内の大学で、留学生に中国語を教えることだった。

わたしたち2人は同じ。
同じ不安を抱え、同じ夢を持っている。
だから、今年は教科書そっちのけで、2人で将来についてたくさん話した。
話の最後はいつも、“一起加油吧!(一緒にがんばろうね!)”だった。

先週、彼女の就職が決まった。
南の「黄山」にある大学で留学生に中国語を教えるという。
夢がかなったのだ。

“わたしは北の人だから、南のことがわからない。ちゃんとやってけるか心配。”
という彼女に、
“わたしも日本から中国に来てなんとかやってこれたんだから、きっと大丈夫。”
と励ました。

大丈夫。
きっと大丈夫。
あなただったら大丈夫。

週に1回、1時間だけのレッスン。
こんなんじゃ上達なんて望めなかったけど、それでもなんとか続けてこられたのは、
彼女がわたしの先生だったからだ。

今日は最後のレッスンだった。
最後に彼女は、
“あなたは一番いい学生だったし、いい友達だったよ。”
とやっぱりほめてくれた。

彼女もわたしも、もうすぐ新しい人生がスタートする。
遠く離れてしまうけど、それでも、これからもつながっていける気がする。

“一起加油吧!”
[PR]
# by naomi_website2004 | 2007-05-25 22:43

わたしの周りの人々①

といっても、そんなに近い人々の話ではない。
今日は外事処のTさん。

外国人教師の世話係のような役の人である。
彼女が仕事ができない(というより「しない」)ことは、外教の間のみならず、
中国人の先生方の間でもお笑い種になっている。

彼女は英語・朝鮮語・ロシア語の外教には英語で話すくせに、
我々日本語外教にはなぜか、なぜか、容赦なく中国語で話す。
彼女の辞書に“フォリナー・トーク”という言葉はない。

そして、電話をかけてくるとき、必ず自分で自分のことを「T先生」と呼ぶ。
・・・おいおい。うちの院長でさえ自分で自分のこと「先生」なんて呼ばないぞ。

そんな彼女が昨日、突然わたしの部屋にやってきた。

彼女はビザ関係、給料関係の仕事をしているが、わたしの部屋に来ることはめったにない。
大学の研究室に来ることもほとんどない。
なぜなら、彼女は用事があるとき、事務室まで呼び出しをかけるからだ。
そして自分は事務室で忙しそうに、パソコンゲームをしている。
・・・っ、お前が来い!こっちは授業の合間に往復20分かけて歩いてこなきゃならんのだぞ!

とまあ、それは置いといて、彼女が昨日何をしに来たかというと、
なんと、もうすぐ帰国するわたしの部屋のものを物色に来たのだ!!
妙に愛想を振りまきながら、土足で部屋に侵入し、部屋の中を見渡す彼女。
彼女の目に留まったのは、電気ストーブ、トースター、収納棚だった。
“これいいねえ。”を連発。
・・・いっつも何もしてくれないくせに、こんなときだけ。きーっ!

そのままほいほいあげるのも悔しかったので、
“今度、うちの両親が遊びに来るかもしれないの。
ここに泊めようと思ってんだけどさ、一泊いくら?”
と聞いてみた。
案の定、
“わたしに言ってくれたらただにしてあげる!”
とのたまう彼女。
・・・ふっ。あんたの懐は痛まないからね。ええ。ただにしてもらおうじゃないの!

いやあ、商魂たくましいTさん。
あなたはこれからも健在でしょうよ。
[PR]
# by naomi_website2004 | 2007-05-24 23:42 | 日々の生活

だって中国だもの。

今日はお休み。
早起きして仕事を済ませて、桂林路へ。
今日はA先生と、お世話になってるRさんのお誕生日祝い。

“papas”へ行って、おなかいっぱい食べて、
腹ごなしに先週行ったネイルアートへ。
今日もきれいにしてもらったよ♪
今日はお花を描いてもらった。
c0022938_16582825.jpg

いかが?
ちと高い19元。でも日本円に直すと300円しないくらいか。
ま、いいやね。中国だもの。

そのあと、ケーキ&パン屋“丁香”でホールケーキ(500円くらいだったかなあ)を買って、
イートイン。
3人でホールケーキをつつくつつく・・・。
ま、いいやね。中国だもの。

そのあと、靴屋をのぞくと、なんとバーゲン中ではないの!
350元くらいの靴が、140元(2100円くらいかな)。
ためしに履いてみると、これまたぴったり♪
それを見ていたおばちゃんが、なにやら気に入ったもよう。
しきりに話しかけられて、えらく中国語をほめられたけども、
おばちゃん、わたしもこれ気に入ったのよ!
最後の一足と聞いて、
一度離したら、たぶんおばちゃんに買われちゃう!と思って、購入~。
ごめんね、おばちゃん。
ま、いいやね。中国だもの。
[PR]
# by naomi_website2004 | 2007-05-23 20:40 | 日々の生活
夕飯のおともはコレ。
NHK大河ドラマ 功名が辻 スペシャル DVD-BOX


現在、山内一豊が浮気したことを妻・千代に告白。
“浮気した。すまん!”
っておいおい。


仕事のおともはコレとコレとコレ。
Black Cherry


video clips 1998-2003


CHEMISTRY THE VIDEOS:2003-2006 ~We Sing,Therefore We Are~


仕事中でもちょっと音が欲しいから。
どっちかというと、ライブよりvideo clipsの方が好きだ。

幸田来未は夜。
完成度が高いというか、全編“美しい”。
ものすごく時間とお金をかけているのだろうと思う。

小野リサは日曜の昼下がりに聞きたい感じ。
ゆるゆるした感じがいい。
梅酒ロックが合う気がする。

CHEMISTRYは朝聞きたい。
最近、5時半起きで一仕事してから大学に行く。
仕事に行く前に元気をくれる。


DVDには救われたり、癒されたり、元気をもらったりしている。
DVDがなかったらと思うと・・・うーん、耐えられない。
[PR]
# by naomi_website2004 | 2007-05-21 23:14 | お気に入りDVD・CD・BOOK

電波の調子が悪いです

アップしたいことはたくさんありますが、電波の調子がちょっと悪いです。

更新が滞るかもしれません。

あしからずでございますm(_ _)m
[PR]
# by naomi_website2004 | 2007-05-20 22:04 | ひとこと

ふにいぃ~~~

いいことあった。
えへへ。
うふふ。

でも、心配なこともある。
むむむ。
ぐるぐる。

ふにいぃ~~~。
[PR]
# by naomi_website2004 | 2007-05-16 21:34 | ひとこと
禍。
ちょっとついてないことがあって、へこんでいます。
いや、わたしが悪いんですが。
自分の至らなさを猛反省しています。


福。
授業後、北方市場へスーツのチェックに。
ジャケットの丈、袖の長さ、ともに注文どおり。
ちょっと短めに作ってもらったのです。
スカートもいい感じでした。
ただ、パンツのもものあたりがちょっと太すぎるかなぁという感じだったので、
もう一度直してもらうことにしました。
・・・という交渉はすべて学生Sさんがしてくれました。
“没事儿(問題ないよ)”という店の人相手に、粘ってくれました。感謝感激雨あられ。
ちなみに、チャイナドレスは来週ぐらいになりそうです。

その後、桂林路の“古本吉田”という“吉野家”のまるまるパクリみたいな店へ行き、牛丼を。
吉野家ほど味付けが甘くないかな。
長春、牛丼デビューです。

そして、桂林路市場のネイルサロン(といっていいのか!?)へ。
爪にやすりをかけて、甘皮とって、磨いて、マニキュア塗って15元だか20元。
きれいにきれいにしてもらいました。
笑顔の素敵なお姉さんにそそのかされて、A先生と共同で200元の会員カードを買いました。
これで通常、15元のところが7元になるんだとか。
帰国までに最低10回は行かねば!


今学期は、落ち込むこと・いやなことと楽しいこと・うれしいことが交互にやってきて、
気持ちの浮き沈みが激しいです。

浮いてるときは、何もかもがうまくいくような気がします。
授業もこれでもか!というぐらいにぽんぽん言葉が出てきます。

沈んでるときは、とことん沈んだ方がわたしは立ち直りが早いんですが、
授業があるとハイテンションに切り替えなければならないので、沈みきれずに消化不良です。
ずるずる引きずってしまって学生に申し訳なくて、ますます落ち込みます。

プラスの気持ちとマイナスの気持ちをうまくコントロールできるようになれたらいいなぁ。
[PR]
# by naomi_website2004 | 2007-05-15 20:52 | 日々の生活

長春日本語教師勉強会

今日は長春日本語教師勉強会の日でした。
先学期は忙しくてサボってばかりだったのですが、
今学期は最後の学期でもあるし、できるだけ参加しようと思っています。
(といっても、来月で最後ですが・・・)

思えば、この勉強会を通じて、いろんな方とお知り合いになりました。

飲み会会場としてご自分のお部屋だけでなく、
すばらしい手料理を月1で提供してくださったS先生。
S先生とはカラオケもさんざんご一緒しました。
“ジョニーが来たなら伝えてよ♪”・・・名作でした。

発表の依頼をかわし続けるわたしを執拗に追い回すことなく、
笑って受けとめてくれた同郷のN先生。
九州人会でさんざん酔っ払った挙句、
先輩H先生のうな重を奪って食べていた姿が忘れられません。

最年長!?S先生。
ビールをかーっとあおりながら、豪快に話す先生の姿は、
目に焼きついて離れません。
同僚に恵まれないという愚痴を、
あんなに楽しくお話できる方をわたしは他に知りません。

同郷の大先輩、F先生。
鹿児島弁全開で、いつもふるさとの温かさを思い出させてくださる先生でした。
九州人会の一気飲みのあおり文句、“加油♪加油♪”、耳から離れません。
挙句、鹿児島人3人は自滅しました。
たぶん一生、忘れないと思います。
日本に帰ったら、焼酎飲みながら遊んでください。

青年海外協力隊の派遣でいらっしゃった先生方。
ほんとにみなさんいい方ばかりで、遊んでいただきました。
同じ年代の女性ばかりで、仲がよくてうらやましかったです。

長春の姐御、Y先生をはずすわけにはいきません。
思えば、“みんなでお風呂に行こうね。”とお約束したのに、
その約束をまだ果たせていません。
はやく行きましょう!垢すりしましょう!
はやく行かないと、わたし、日本に帰っちゃいますよ!

T大に毎年いらっしゃる短期の先生方にもお世話になりました。
1年目はO先生、I先生。
O先生はわたしが大学のときにアルバイトでお世話になっていた先生。
まさか長春で一緒にお酒が飲めるとは思いませんでした。
I先生は大阪から。
笑いに厳しい方で、ときどき、ブログに突っ込みを入れてくださいます。
当時、なぜかI先生、もひとりI先生、先輩H先生とわたしでカラオケに行きました。
日本語教育界には珍しく、その日わたしは紅一点でした♪

2年目はS先生。
同じ大学の先輩で、バイト先の先輩で、タイに行ってた友人とも知り合いというつながり。
楽しくお食事しました。
悔やまれるのは、大連旅行から帰った日にお食事のお約束をしていたのに、
大連で疲れ果ててお約束を果たせなかったこと。すみませんでした・・・。

他にもいっぱい、いっぱい、いっぱい、いっぱい・・・。
そして、勉強会でお知り合いになった先生方のそのまたお知り合いの先生も、いっぱい。

今日もいろんな先生方とお知り合いになれました。
同じ大学の大大先輩の先生、
ブログを見てくださっているという先生、
T大に短期でいらっしゃっている先生方、
協力隊の先生方、
個人契約の若い先生方、
etc.

お話してみると、本当におもしろい先生方ばかりで、自分の底の浅さを痛感します。

こういう場所があるっていうことは、セッティングや運営をしてくださる方がいるからで、
それは本当にありがたいことだと思います。
そういう係から逃げてばかりいたわたしを許してください。
(最後に言っても、説得力ないか・・・)

ま、とにかく今日は、
“サボってばっかりいるんじゃなかったな・・・。”
と反省したわけでございます。
[PR]
# by naomi_website2004 | 2007-05-13 19:08 | 休日♪♪♪
自分の研究室のストーブを消したかどうか気になって、今日は大学へ。
いつもは万一のことがあってはいけないと思って、コンセントから抜くんだけど、
どうも昨日はしなかったような気がして・・・。

朝はよいお天気。
朝ごはんを食べてなかったので、近くで調達して、電話カードを買って研究室へ。
(↑この時点でストーブに関する緊張感まったくなし。
抜いてなかったらもう火事になってるよな。というあきらめによる。)

研究室へ。
・・・コンセント抜いてました。あ~、よかった。
さてさて、ストーブのチェックだけして帰るのもタクシー代がもったいないので、
仕事もしてみる。
仕事もしてみる。
ついでにパソコンゲームもしてみる。

昼過ぎ。
そのまま帰るのもタクシー代がもったいないので、
近くのスーパーへ重い食料品を調達に行ってみる。
ビルを出るときに雨がちょろっと降ってたんだけど、
ま、そんなに大降りにはならないだろうと、傘は持たずにスーパーへ。

・・・やられた。
買い物終わって店を出ようとしたら、大降り。ザーザー。
10分くらい待って、ちょっと小降りになった頃を見計らって、“ええいっ!”っと表へ。

・・・やられた。
一気に土砂降りに。
しかし、止まるわけにはいかない。
とにかく前へ進まねば。
そうしなければ濡れるだけだ。

・・・やられた。
土砂降りからついに、雹に。
痛っ!痛いっ!
しかし、止まるわけにはいかない。
とにかく前へ進まねば。
そうしなければ濡れるだけじゃすまず、かわいそうな子になってしまう。

するとそこへ、すっと1本の傘が。
“同学,去哪里啊?(あなた、どこ行くの?)”
見ると、一人のかわいい女の子が、傘をさしかけてくれていた。
(ここで余計と言われようがあえて補足をしておきますと、
“同学”という言葉からもわかるように、わたしは彼女に「学生」と思われているわけです。)

“那边。(あっち。)”とわたしが言うと、
“外语楼啊。(外国語ビルね。)”と言って、なんと、一緒に行ってくれたのだ。

すっごく、すっごくうれしかった。
こういうことをさりげなくできる中国人がすてきだと思った。
中国には、長春には、こういうことがさらっとできる人がたくさんいる。
さっきまで雨や雹に打たれて冷たかったけど、
彼女のおかげで、ほんとにほんとにあったか~い気持ちになれた。
心って、ほんとに“ほわ~っ”てあったかくなるんだ。

でも、途中で、
“太大。((雨が)すごいね。)”
とか話しかけてくれたけど、全然話せなかったし、
最後も、もっとちゃんとお礼が言いたかったのに
“谢谢。”
しか言えなくて、そういうすごく自分がいやだった。
・・・こういう会話が大事なのにな。
もっともっと、うれしい気持ちを伝えたかったな。
言葉の勉強って、そういうことを伝えるためにあるんだよな。
[PR]
# by naomi_website2004 | 2007-05-12 18:33 | 休日♪♪♪
ゴールデンウィーク中は半そででもいいくらいの日もあったのに、
今週はちとさむい。

今日は外の最高気温が15,6度といったところ。
風も強かったし、雨もふった。
だから、大学の中はものすごーくさむかった。
(暖气切れると、一気に室内の方がさむくなるんだから。まったく。)

卒論4人目がなかなか終わらない。
・・・なんてこったい。
[PR]
# by naomi_website2004 | 2007-05-11 19:20 | 日々の生活

うーむ・・・

今日はお休み。

将来のことを考えた。

来年の今頃、わたしはどこで、何をしているんだろう?

もちろん、日本で日本語を教えていられたら幸せだけど、
(てか、それ以上幸せなことはないけど)
果たしてそうなっているだろうか・・・?

この仕事はやりがいが(ものすごーく)あるし、
ずっとずっと(できれば一生)、続けていきたいけど、
果たしてできるだろうか・・・?

やるしかないよね。
やるしかないんだよね。
やりたいんだよ!!!

・・・そうなんだけどさぁ。

はぁ。
いったい、いつになったらわたしは自信を持って

「日本語教師ですっっっ!!」

って言えるようになるんだろう?


なぁ~んてね。
[PR]
# by naomi_website2004 | 2007-05-09 22:04 | ひとこと